*

人と人との会話の中身は、その8割がそこに居ない人の話題である。

人と人との会話の中身は、その8割がそこに居ない人の話題である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この8割という数字は、うろ覚えですが、確か、かなり高い割合だったことは間違いではないと思う。

どうして急にそんなことを思い出したのかというと、先日、仲の良い人同士、ずっと一緒にいたのに、その時間中、ほぼスマホを手放すことがなかったからです。

俗に言う”スマ中”ってやつです。(笑)

12669525_1101751256543768_925531809889156635_n

だからと言って、ゲームをしたり、マンガを読んだり、終始無言でスマホいじってたわけではないですよ。会話の中身が、ほぼスマホの中にあったということ。

あの人がどうだとか、あのコトはどうだとか、話題のすべてがSNS上にある。一個人の発信が、少なくともボクたちに影響を与えてることを改めて実感したわけです。

普段何気ないSNS上での振る舞いでも、受け取る側にとって、それは一つの情報であることをボクらは忘れてはいけない。

だから、発信一つ一つを、より丁寧に、より役立ち、より好まれるように工夫すべきだなと思った。

雑な投稿とか、ゴミ記事だとか、ボクたちはよくこんな表現をしてしまいますが、それは、SNSを活用したい人に向けた揶揄であって、遊びだけで使っているのであれば、もちろんどんな使い方をしようが自由だと思うんです。

ただ、もしあなたが、SNSを活用したいとお考えであれば、一つ一つの投稿の、些細な部分に、改めて着目してみることをオススメします。

その発信は、誰に届けたいのか?
その発信は、誰を喜ばすのか?

この2つの意図のない情報は、ただの独りよがり。ボクはいつもこう自分に言い聞かせています。

語られる人になりたいですね。
もちろん良く語られる人にね。

それではまた。

The following two tabs change content below.
勝村 大輔
1973年神奈川県生まれ 株式会社ガナーズ代表取締役/マーケティングコンサルタント/サッカージャーナリスト「サッカー馬鹿」と検索すると最上位に表示されるほどのサッカー馬鹿。4年に一度開催されるW杯には必ず現地に応援に駆けつけるほどの熱狂的なサポーターでもある。美容室の経営、コンサルティング、講演や執筆を中心に活動しています。著書『サポーター論〜一度きりのお客さんが熱狂的サポーターに変わる!〜』

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

photo

サブカルチャーとまで言わしめた”異端””逸脱””革新”ザンクトパウリの発信力。

ザンクトパウリ(FC St.Pauli)というサッカーチームをご存知だろうか。 ヨコハマ・フッ

記事を読む

やっぱりブログ書くことは仕事なんだよ!

本日最初の記事です。 こんにちは!かっちゃんです。 もしブログを書き続けていなかったら?

記事を読む

名刺づくりのポイントはココ。

本日最初の記事です。 こんにちは!かっちゃんです。 お盆休みの方も多いと思いますが・・・

記事を読む

激変の時代だからこそ、不変の価値がある。

本日最初の記事です。 こんにちは!かっちゃんです。 技術革新によってあなたの仕事はなくなるか

記事を読む

モノが売れていく過程が変わったことを実感!

本日最初の記事です。 こんにちわ!かっちゃんです。 7月14日、世界中が熱狂したブラジルW杯

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • infact twitter
  • infact facebook
  • infact google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
不躾(ぶしつけ)に売り込まない!友達だろ?

【不躾(ぶしつけ)に売り込まない!友達だろ?】 売り込み

社員にやらせたいのなら、まずはリーダーが買って出よう。

【社員にやらせたいのなら、まずはリーダーが買って出よう。】 スタ

1505148_562568700484811_961025214_n
他人や世間に何を言われようが関係ない、信じた道を貫こう!

「他人や世間に何を言われようが関係ない、信じた道を貫こう!」

存在価値を知るために自らを振り返る。【ゴルパ エクスマ塾】

【自分の存在意義を知りたい。】 こういう欲求って誰もが持って

スキャン 2
ボクがサッカーを好きになった理由

【ボクがサッカーを好きになった理由】 小学生の頃、ボクは弱い

→もっと見る

PAGE TOP ↑