*

手綱を握る、手綱を緩める。新戦力を躍動させたキャプテンシー【ロシアW杯アジア2次予選 日本vsアフガニスタン】

手綱を握る、手綱を緩める。新戦力を躍動させたキャプテンシー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ロシアW杯アジア二次予選 日本代表vsアフガニスタン代表の一戦は、岡崎の先制点を皮切りに、日本の攻撃陣が爆発。5-0の圧勝でアフガニスタンを下し、最終予選進出を手中に収めた。

ロシアW杯アジア2次予選 日本vsアフガニスタン

▼スタメンを大幅に入れ替えて臨んだハリル日本
IMG_5299

この試合が、2016年初の代表戦ということもあってか、公式戦とはいえ、相手が格下のアフガニスタンだったこともあってか、サポーターの関心は、試合の勝敗というよりは、ハリルホジッチ監督が送り出す先発メンバー、そして監督の采配にあるような気がしてならない。

その理由は、監督、戦術は違えど、2010年の主力メンバーからさほど変化のない現メンバーに、そろそろ世代交代を促す気運も高まっているからであろう。本田、香川、両エースを中心としたこれまでの戦術から、いかにして脱却するか。

ハリルホジッチが出した答えは、GKに代表初先発の東口を起用したこと、そして、攻撃陣を4枚のうち3名の新戦力を登用したことだった。

IMG_5301▲日本代表は、先発を大幅に入れ替えた臨んだ。

これまで通りを変える、その上、新戦力を登用する。サッカーに限らず、組織に変化を加えるというチャレンジには、それ相応のリスクが伴うものだ。

ハリルホジッチが行ったリスクマネージメントは3つ。

・相手が格下であること。
・守備陣を固めたこと。
・キャプテンをフルタイム出場させたこと。

この3つには、新戦力が躍動し易くなる要素が含まれている。

まずは、相手が弱いという点だ。勝てる確率が高い中での登用は、精神的リスクの軽減につながる。先制点さえものにできれば、比較的楽に展開できる。おそらくハリルホジッチにはこのような公算があったに違いない。

そして守備陣をこれまで通りに配置することで、コンビネーションを高め、失点のリスクを最小限に抑える。守備陣が安定することで、攻撃にリズムをもたらすという狙いだ。

そして最も重要なのが、試合を通してキャプテンに権限を委ねたことだ。

手綱を握る、そして手綱を緩める。キャプテン自らが後方からの指示、サポートすることで、新戦力は一気に躍動した。

それを象徴する印象的なシーンがあった。前半28分、相手選手の治療にあたる時間を利用して、キャプテン長谷部を中心に全員がグラウンド真ん中にに集まり、即興ミーティングが行われたシーンだ。

IMG_5308▲長谷部を中心に試合の合間に行われたミーティング

このミーティングを皮切りに攻撃陣が一気に爆発した。トップ下に入った清武が、前線でボールを受けるシーンが加速度的に増え、それにつられるかのように、岡崎、金崎、原口が、自由にポジションチェンジを繰り返し、相手ディフェンスを混乱に陥れる。その後方を見事に柏木がリカバリーする。

バランスを保つために手綱を引き、機を伺い一気に手綱を離す。

途中から加わった、香川、ハーフナー・マイク、小林悠も、それぞれを見事に躍動させたのは、長谷部のキャプテンシーだったのではないだろうか。

IMG_5307▲この日、大活躍した清武

組織に変化を与える際に必要なこと、それは、思い切りの良さではない。細部にまで行き届くリスクマネージメントがあってこそ。そして現場責任者に権限を委ねることである。

チームに必要なのは、絶対的エースではない、絶対的リーダーの存在なのだ。

The following two tabs change content below.
勝村 大輔
1973年神奈川県生まれ 株式会社ガナーズ代表取締役/マーケティングコンサルタント/サッカージャーナリスト「サッカー馬鹿」と検索すると最上位に表示されるほどのサッカー馬鹿。4年に一度開催されるW杯には必ず現地に応援に駆けつけるほどの熱狂的なサポーターでもある。美容室の経営、コンサルティング、講演や執筆を中心に活動しています。著書『サポーター論〜一度きりのお客さんが熱狂的サポーターに変わる!〜』

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

多くの人に支持されることこそが美容師の喜び

本日最初の記事です。 こんにちは!かっちゃんです。 たくさんのお客さんから愛されてほしい・・

記事を読む

誇り高きチリサッカーが南米制覇!〜COPA AMERICA 2015 Final〜

サラスサモラーノ(ササコンビ)時代の破壊力も凄かったけど(懐かしー)、今大会のチリは間違いなく過去最

記事を読む

物事を進めるにはテンポが大切。

本日最初の記事です。 こんにちは!かっちゃんです。 人それぞれ目的地も違えば、行き方だって違

記事を読む

IMG_5872

違いを見せつけたアルディージャ〜J2 第19節 横浜FCvs大宮A〜

それにしてもオレンジ色が眩しい。アウェイスタンドを占拠したオレンジの壁に、迫り来る恐怖を感じたのは恐

記事を読む

目下の敗戦も下を向く必要はない。湘南スタイルは着実に受け継がれている。【J1 1st 第5節 湘南vs神戸】

J1 1st 第5節 湘南ベルマーレvsヴィッセル神戸 ▼開幕から低調が続くベルマーレだが・・・

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • infact twitter
  • infact facebook
  • infact google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
若者から支持される。そんなSNSの使い方を心掛けたい。【SNS教習所】

【若者から支持される。そんなSNSの使い方を心掛けたい。】 長野

残念ながら写真が下手なだけで、その人にはセンスが無いと判断されてしまう。【SNS活用】

【残念ながら写真が下手なだけで、その人にはセンスが無いと判断されてしま

FullSizeRender (84)
つまらない日常と嘆くか。今置かれてる状況を如何に楽しむか。【SNSフロリダ族】

つまらない日常と嘆くか。今置かれてる状況を如何に楽しむか。【SNSフロ

不明 (49)
サッカー観戦の醍醐味が詰まった天皇杯3回戦【 川崎フロンターレvsジェフ千葉】

【天皇杯3回戦 川崎フロンターレvsジェフ千葉】 今年初の天皇杯

不明 (46)
公私混同していくうちに仕事が楽しくなって家族も仲良くなったという話【SNSフロリダ族】

公私混同していくうちに仕事が楽しくなって家族も仲良くなったという話【S

→もっと見る

PAGE TOP ↑