*

将来何になりたい?

2回目の更新でこんばんわ!
かっちゃんです。

「将来何になりたいか?」

昨日のフロリダ族でこんな話をしました。

話し相手は40歳のおっさん、いや失礼、売れっ子柔道整復師でもあり、人気整骨院の経営者でもあり、講習もするし、執筆もする、誰がどうみても成功者ですよ。

そんな人が将来どうしたいのか?なんて、贅沢言うなーーー‼︎って感じでしょ。

現実に不満がある、そんな人は、先行きがかなり不安です。
一方で、今が楽しい、だから次ももっと楽しいはず。

10401516_706045619470451_107892524854227119_n

サイモン山田先生のブログはコチラ

将来を妄想しながら、ニヤニヤ、ワクワクできる、
ボクの親友でもあり、勉強仲間でもある山田敬一さんは、留まることを知らない馬鹿です。(笑)

だって、奥さんがいて、子供が二人いて、マイホームだっある。しかも、成功してるんですよ!大人しくしてろ!って、そう思いません?

でもね、実は彼のそういう所が、とっても魅力的なんですよね。

つまらない顔して仕事してる姿よりも、楽しそうに仕事している姿を子供に見せたい。
口にはしないものの、ココも彼の原動力のひとつなのかなー?そんなことを勝手に思ってます。

自分の得意なことで、より多くの人の役に立つ。

彼の思い描いてる将来って、決して独りよがりのものじゃない、だからボクも応援できるし、同い年だしさ、彼の夢はボクの夢って感じ(笑)

で、肝心の将来像は?というとね、

結構、悩んじゃったりして(笑)

実績があるからこそ描ける、情熱があるから前進できる、彼の悩みは決して苦しくなんてないはず。

実績×情熱、そして伝える圧倒的な発信力。

これさえあれば何でもできる!
ボクはそう思っています。

共に頑張ろう!!シャイモン!!!

ではでは〜

The following two tabs change content below.
勝村 大輔
1973年神奈川県生まれ 株式会社ガナーズ代表取締役/マーケティングコンサルタント/サッカージャーナリスト「サッカー馬鹿」と検索すると最上位に表示されるほどのサッカー馬鹿。4年に一度開催されるW杯には必ず現地に応援に駆けつけるほどの熱狂的なサポーターでもある。美容室の経営、コンサルティング、講演や執筆を中心に活動しています。著書『サポーター論〜一度きりのお客さんが熱狂的サポーターに変わる!〜』

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

そろそろ指名客獲得が難しい現実を正視しよう。

だいたいさー、人を楽しませるのに労力がかかるのって当たり前じゃねーか?…無性にこう言いたくなる時があ

記事を読む

今日から7連チャン!怒濤の4日間が始まります。〜フロリダ族〜

本日最初の記事です。 こんにちは!かっちゃんです。 今日から4日間、怒涛の7連チャン!マンツ

記事を読む

まーちゃんの弟さんがフロリダに来てくれた。

本日最初の記事です。 こんにちは!かっちゃんです。 今日は、SNSに感謝!っていう出

記事を読む

発信者としての自覚

本日最初の記事です。 こんにちは!かっちゃんです。 近頃、ボクの記事がニュースアプリ「pre

記事を読む

スクリーンショット 2015-04-26 09.54.32

GWにやっておきたい私的なこと。

本日最初の記事です。 こんにちは!かっちゃんです。 チラシ反応あるといいなぁ〜

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • infact twitter
  • infact facebook
  • infact google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
数字を気にし過ぎると、本来の目的を見失ってしまう。楽しむことを忘れないで!

【数字を気にし過ぎると、本来の目的を見失ってしまう。】 マジメな人ほ

つながりは、関係性を深めることで広がる。

【来る者拒み、去る者追わず。】 物凄く冷たく感じるかもし

不明 (93)
なぜ低調F.マリノスの観客動員が伸びてるのか?【日産スタジアム観戦記】

1stステージ開幕戦、仙台戦以来の日産スタジアムに来た。1stステージ

世界平和を願う前に、先ずは従業員を、その先の家族の安泰を願おう。

「あなたの本職は何ですか?」 SNSの投稿や振る舞いを見

SNS嫌だったら、手紙を書こう。お客さんの喜ぶ顔が見えたら、SNSを始めてみよう。

SNSは苦手。だってお客さんがSNS使ってないんだもん。 「だっ

→もっと見る

PAGE TOP ↑