ブログの作り方が学べるアフィリエイト学習サイト

ぶろらぼ

特化型ブログ

特化型ブログとは?トレンドブログとの違いやメリットを分かりやすく

投稿日:

特化型ブログとは具体的にどんなサイトのこと?

トレンドアフィリエイトとの違いは何なんだろう?

今回はこんな違いに答えるべく、トレンドブログと比較してのジャンルを特化させるメリット・デメリットから具体的なアフィリエイト方法まで紹介します。

 

特化型ブログは、トレンドアフィリエイトと比較して、長く安定して収益が得やすいブログ運営法です。

この記事を書いている私自身、特化型ブログで月百万を超える収益を上げていますので参考にしてみてくださいね。

特化型ブログとは?

特化型ブログは、何かのテーマに特化したサイトのことです。

特化型サイトなんていう風にも呼ばれていたりします。

トレンド記事を扱うブログや雑記ブログとの違い

ブログアフィリエイトの中で、初心者におすすめされるのがトレンドアフィリエイトと呼ばれる手法です。

従来のトレンドアフィリエイトでは、「沖縄旅行」「政治」「芸能ゴシップ」など、さまざまなジャンルの記事をひとつのブログに更新していくことになります。

よって、こういったブログは「ごちゃまぜブログ(雑記ブログ、トレンドブログ)」と呼ばれています。

 

一方、特化型ブログでは、基本的に「何かしら絞ったジャンル」に特化していきます。

つまり、ひとつのブログで「沖縄旅行」に関連した記事だけを更新していく、あるいは「政治」「芸能」「美容」についての記事だけを更新していく、といったブログになります。

しかし、実は特化型ブログを運営する中でも、特化型トレンドアフィリエイトと呼ばれる「トレンド要素」を扱う手法も存在します。

特化型トレンドアフィリエイトとは

トレンドアフィリエイトでは、一時期に大きなアクセスを集めることができる「ショートレンジキーワード」や「ミドルレンジキーワード」を多く扱っていきます。

例えば、「クリスマス」などです。

このように、クリスマスの時期だけアクセスが急増しているのが分かりますね。

ここで特化型トレンドアフィリエイトでは、トレンドアフィリエイトのようなごちゃまぜにするのではなく、「あるひとつのジャンル」に特化してトレンド要素を扱って記事を扱っていくことになります。

 

例えば、「観光」というジャンルのブログの場合、「クリスマスに行きたい観光地」 「おすすめのワンピースグッズ店」 「海水浴おすすめスポットベスト10」 のように「観光」といった視点から記事を書いていきます。

一方で、ごちゃまぜブログの場合は、ガジェット、美容、ニュース、イベント関係なしに、トレンドになっていればそれを記事として書いていくこととなります。

特化型ブログのメリット

それでは、なぜこのようにジャンルを特化するのだと思いますか?

普通に考えたら、いろんな記事ネタを扱った方が、ネタ切れも起こさなくて済むし、良さそうに思えるかもしれません。

しかし、特化するのにはそれなりの理由があります。

代表的には以下の5つのメリットがあります。

  1. グーグルペナルティのリスクが減る
  2. グーグルの評価が上がり上位表示されやすい
  3. キーワード選定の時間を短縮できる
  4. 直帰率が下がり、滞在時間が上がりやすい
  5. 外注化しやすい

それでは、それぞれについて説明していきたいと思います。

グーグルペナルティのリスクが減る

あるジャンルに特化している特化型ブログでは、グーグルペナルティのリスクをほとんどなくすことができます。

もちろん、コピペなどをすればペナルティになってしまいますが、通常のごちゃまぜトレンドブログよりも大幅にペナルティになりにくくなります。

この理由について以下の記事で詳しくお伝えしているので、ぜひ参考にしてみてください!

※特化型ブログが最高の手動ペナルティ対策である理由

グーグルの評価が上がり上位表示されやすい

特化型トレンドアフィリエイトでは、あるジャンルに特化しているので、情報の専門性があがります。

専門的なサイトほどGoogleからの評価も高く、上位表示されやすくなるのです。

 

なぜかというと、Googleはユーザーにとって有益な情報を与えるようなサイトを上位に表示させるからです。

以前では、被リンクなどを大量に集めた内容の薄い記事も上位に表示されていたのですが、最近ではしっかりとした情報がある記事ほど上位に表示されやすくなります。

そして、この傾向は今後さらに強くなると予想されます。

 

実際、2019年3月に行われたコアアップデートでは、

  • 信頼性・専門性・権威性を重視する

とガイドラインで明記され、信頼性の低いサイトはペナルティを受けました。

あなたも買い物する際、専門店の方が何となく品質の信頼性が高いと思いませんか?

ブログやサイトも同じで、専門的なほどよりユーザーにとって有益な情報が与えられる傾向があり、グーグルの評価も自ずと伴ってきます。

キーワード選定の時間を短縮できる

記事を書くときに最も大切なのが、キーワード選定です。

キーワード選定とは、記事タイトルを決めることです。

そして、この記事タイトルでアクセスが集まる記事になるのか決まるといっても過言ではありません。

よって、キーワード選定は丁寧に時間をかけて行っていかなければならないのですが、なかなかキーワードが決まらないと、かなり時間がかかってしまうことがあります。

 

しかし、特化型ブログならば、あるジャンルに特化しているので、そのジャンルの中からキーワードとなるネタを選ぶことができます。

ごちゃまぜブログの場合は、全てのジャンルからネタを探さなければならないのですが、「特化型」の場合は、その特化しているジャンルに集中すればいいのです。

直帰率が下がり、滞在時間が上がりやすい

特化型ブログの場合は、ごちゃまぜブログに比べて、直帰率が低く、滞在時間が長い傾向があります。

そして、直帰率が低く、滞在時間が長いほど、Googleからの評価も高く、上位に表示されやすくなります。2つ目の上位表示されやすいということと関連してきますね。

例えば、観光に特化したブログで、「沖縄のおすすめ観光地ベスト10」という記事にアクセスした読者がいるとします。そのブログは、観光に特化しているので、関連記事に「沖縄のおすすめカフェ」だったり、「沖縄のおすすめお土産」という記事があるかもしれません。

このように、ブログ内に読者の興味がある記事がたくさんできるため、ブログ内をたくさん巡回してくれることになります。

これによって、直帰率が下がり、滞在時間も長くなっていくのですね。

外注化しやすい

ブログの運営にある程度慣れていったら、記事のライティングを外注化することによって、記事作成の時間を大幅に短縮することができます。

外注化するライターさんを募集するときは、クラウドワークスなどのクラウドソーシングを使うことになります。そこで、ライターさんの募集要項を書くのですが、あるジャンルに絞ったほうがライターさんが集まりやすくなる傾向があるのです。

「いろんなジャンルの記事をお願いします。」というより、「観光に関する記事のライティングをお願いします」と言ったほうが、分かりやすいですよね。

これによって、「観光」に興味のあるライターさんが集まるので、記事の質も必然的に高くなります。

アドセンスのクリック率、クリック単価が高くなる

あるジャンルに特化したブログを構築することで、Googleアドセンスのクリック率やクリック単価を上げることができます。

なぜなら、あるジャンルに特化したブログの方が、ユーザーに見合った広告が表示されやすくなり、クリック率やクリック単価が大きくなるのです。

アドセンスの報酬額は、PV×(クリック率)×(クリック単価)で決まってくるので、少ないアクセス数でも大きな報酬額を見込むことができるのです。

 

ちなみに、通常のブログのアドセンス報酬額は1PV当たり0.2円~0.3円と言われています。しかし、僕の特化型ブログでは1PV当たり0.8円~1.0円となっています。

もちろんこれはジャンルにもよって変わってきますが、月間100万PVのブログ場合だと、以上のような差だけでも月80万円もの差が出るので、かなりクリック率とクリック単価は報酬額に影響することが分かりますね。

特化型ブログのデメリット

特化型ブログでは、あるひとつのジャンルに特化することになります。

アクセスを集めやすいジャンルとアクセスを集めにくいジャンルがあるので、このジャンルを決めるときに間違ったジャンルにしてしまうと、どれだけ記事を更新しても稼ぐことができません。

ここが、唯一にして最大のデメリットになる部分です。しかし、このジャンル選定が最大の障壁となって、ライバルが少ないのも事実です。

 

つまり、しっかりとしたジャンルを選ぶことができれば、とてもアクセスを集めやすくなります。

ただ、アフィリエイト初心者の方は、どのようなジャンルがアクセスを集めやすいのかよく分からないと思います。

これを解決するおすすめの方法は以下になります。

最初はトレンドブログから始める

テーマを特化させるのではなく、最初はトレンドブログ、ごちゃまぜブログから始めるのが初心者にはおすすめです。

アクセスが集まりそうだと思ったものは、とにかく書く。

そうすることであなたのもとにデータという資産が集まってきます。

このジャンルはアクセスが呼べて、このジャンルは反応が薄いな、などと。

そしてアクセスが呼べるジャンルが見極められたら、徐々にそのジャンルにシフトしていくのが最も賢いやり方です。

もちろん経験がある方やブログ運営の目的がある方は最初からジャンルを絞ってOKですが、絞ったジャンルがアクセスを集めない可能性もあることは念頭においておきましょう。

特化型ブログアフィリエイトのマネタイズ方法

特化型ブログを使ったマネタイズ方法は、この2つが一般的。

  1. アドセンスアフィリエイト
  2. 物販アフィリエイト

Googleアドセンスアフィリエイト

アドセンスアフィリエイトは、クリック報酬型の広告を使って収益をあげるマネタイズ方法です。

アクセスを集めることだけを考えればいいので、初心者にとっても単純明快で取り組みやすいです。

 

ここで最初は先程あげた特化型トレンドアフィリエイトで取り組むことになります。

一時期にアクセスが集まる記事をあつめて、アクセスを爆発させていくのです。

しかし、こればっかりの記事だと、どうしても安定性に欠けてしまいます。

例えば、「クリスマス」についての記事は冬に大きなアクセスを集めることができると期待できますが、夏になるとほとんどアクセスを集められなくなってしまいますね。

 

なので、それと並行して、一年中検索されることが予想されるキーワードを扱っていきます。

例えば、「東京 カフェ」というキーワードの場合、一年中安定して検索されていることが分かります。

このように、ずっと検索され続ける「ロングレンジキーワード」を扱っていくわけです。

年中検索されるキーワードなので、安定してアクセスを集め続けることができます。

しかし、ライバルが強く、爆発的にアクセスを集めることが難しいというデメリットもあります。

なので、アクセスを上手く集めていくには、トレンドと安定ネタ両方を上手く織り交ぜながら運営していくのが1つのポイントとなってきます。

最終的にはこの「年中検索されるキーワード」の記事だけでもアクセスが集められるようになると資産ブログが構築できて理想的です。

物販アフィリエイト

物販アフィリエイトではA8.netなどのASPを使い、物販で稼いでいきます。

アドセンスは1クリック平均30円ほどなのに対し、物販で物を売ると、一気に数千円の報酬が手に入ることもあります。よって、収入の拡大にはとても適しているのです。

ただ、物販アフィリエイトは、Googleアドセンスのようなクリックされることで報酬を得ていくのではなく、ユーザーに対して、物を売らないといけません。

よって、しっかりとしたライティング力や商品選定力が必要となるので、初心者の方が取り組みには少しハードルが高いものとなってしまいます。

特化型物販アフィリエイトは、アクセスが集められるようになった後で将来的に収入を拡大させるために使っていくのが初心者におすすめな自然な流れです。

特化型ブログでは短期、中期、長期にアクセスを集めるキーワードを組み合わせてアクセスを集めていき、その後物販も扱っていくことで、さらに収入をアップさせていきます。

これから始める方は以下の記事で一連の流れが分かるので参考にしてみてください。

おわりに

よくダイスケさんは誰にブログを習ったんですか?

というお問い合わせを頂きます。

私のメンターはKUROKAMIさんという方です。

KUROKAMIさんに教わったことをきっかけに、ブログの広告収入のみで月収が100万円を優に超えるようになりました。

 
KUROKAMIさん自身もブログのみで月に500万円以上稼ぐリアルプレイヤーで、今も教わり続けています。

無料のオンライン講座があるので、気になる方はまずそこから学んでみるのがおすすめです。

KUROKAMIさんの無料オンライン講座の詳細ページへ

-特化型ブログ

Copyright© ぶろらぼ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.